神奈川県 横浜市 西区にある 漢方科 外来 糖尿病科 内科【ベイサイドクリニック】漢方を奨めたい病気|漢方、糖尿病をもっとよく知ろう。

ライン
ベイサイドクリニックトップ 漢方科 糖尿病科 内科 診療案内 交通案内 お問合せフォーム

漢方医学

ベイサイドクリニック 医療等のご紹介
漢方科
糖尿病
内科
診療案内

受診を希望される方

■午前診療混雑のため、診療(ご予約・変更・取り消し)に関するお問い合わせは、午後2時より5時の間にお願いします。

ベイサイドクリニックの問診票ダウンロード
問診票はこちらからダウンロードし、
ご記入してお持ち下さい。

問診票を開くには、Acrobat Readerがパソコンにインストールされている環境が必要です。
Acrobat Readerのインストールは
下記から行えます。
Adobe Reader ダウンロード

知っ得情報 夏ばてと漢方

夏バテ
夏バテ 熱中症に関するニュースが毎日報じられています。
近年の暑すぎる夏、今日も暑いだろうと考えると朝から気分が憂うつ。
毎日が体調不良、だるい、食欲がない、胃腸の調子が悪い、下痢をする、体重が落ちる、頭が痛い、めまいがする…。
「夏ばて」「暑気あたり」つらいものです。
原因として、冷房のあたりすぎによる体温の調節不良、発汗によるビタミン、ミネラルの消耗、食欲減退による栄養不足、冷たい飲み物のとりすぎによる消化機能の低下、暑さによる睡眠不足などによって、体力が著しく消耗した、などが考えられます。
とくに、暑い室外と冷房で冷えた室内を行き来することで自律神経のバランスが崩れ、体温調節機能が低下し、だるさや頭痛、めまいや手足の冷えなどが起こりやすくなります。


暑さが原因で低下した体力を回復させ、いろいろな体調不良を改善するために、漢方薬を服用することをおすすめします。
夏バテの悪循環

漢方専門医が処方する漢方薬

夏バテ 体がだるく、食欲もなく、下痢があり、夏やせする人には「清暑益気湯」がよく使われます。その名のとおり、「暑気あたり」に効果があります。
また、胃腸の働きが低下し、体力が著しく落ち、寝汗がある人には「補中益気湯」。食欲がなく、胃腸が弱く、手足が冷え、全身のだるさが強い人には「六君子湯」。
また、下痢があり、ノドが乾きやすい人には、過剰な水分摂取を防ぎ、胃腸への負担を減らすなど、さまざまな漢方薬を症状に応じて処方します。
「夏ばて」「暑気あたり」だな、と感じたら、すぐに当クリニックの受診をおすすめします。
くらしの中の予防法
体調を崩さないように、しっかりと睡眠をとり、生活のリズムを整えましょう。
消化の良いたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよくとりましょう。
冷たい飲食物、生もののとりすぎは、胃腸に負担をかけるので注意。
就寝中の冷房のつかっぱなしは禁物。寝る前にあらかじめ部屋を冷やしておく、タイマーをかけるなど、寝付きやすい環境を作りましょう。
ぬるめのお風呂で血行を良くし、心身をリラックスさせましょう。
資料:株式会社ツムラ

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。

午前:10時?11時30分
午後: 2時? 5時

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時?4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:050-3794-0579

詳しくはこちらを御覧ください