神奈川県 横浜市 西区にある 漢方科 外来 糖尿病科 内科【ベイサイドクリニック】漢方を奨めたい病気|漢方、糖尿病をもっとよく知ろう。

ライン
ベイサイドクリニックトップ 漢方科 糖尿病科 内科 診療案内 交通案内 お問合せフォーム

漢方医学

ベイサイドクリニック 医療等のご紹介
漢方科
糖尿病
内科
診療案内

受診を希望される方

■午前診療混雑のため、診療(ご予約・変更・取り消し)に関するお問い合わせは、午後2時より5時の間にお願いします。

ベイサイドクリニックの問診票ダウンロード
問診票はこちらからダウンロードし、
ご記入してお持ち下さい。

問診票を開くには、Acrobat Readerがパソコンにインストールされている環境が必要です。
Acrobat Readerのインストールは
下記から行えます。
Adobe Reader ダウンロード

知っ得情報 PMS(月経前症候群)と漢方

PMS(月経前症候群)とは?

月経が始まる数日前になると、「イライラする」、
「気分が落ち込んでしまう」、「頭痛」、「腰痛」、
「肩こり」、「むくみ」、「乳房の張りや痛み」などなど、
さまざまな身体的、精神的症状が女性の約80%に出ると言
われています。対人関係や日常生活に支障が生ずる場合も
あります。

排卵から月経開始までの時期は、ホルモンのバランスが崩
れて起きるのではないかと考えられています。
症状は、人によって実に様々です。

身体的症状 頭痛、肩こり、むくみ、腹痛、発熱、肌荒れ、乳房の張り・痛み、だるさ、腰痛、腹部膨満感、便秘、など
精神的症状 不安感、イライラ、抑うつ感、眠気、怒りやすくなる、集中力低下、意欲低下、など
PMSは、排卵のある(妊娠が可能な)女性であれば誰にでも普通に起こるであろう症状です。
しかも、月経周期ごとに現れるとてもわずらわしい症状です。

漢方専門医が処方する漢方薬

PMS(月経前症候群)のような多彩な症状には、漢方薬は有効です。
大昔から、PMS(月経前症候群)は存在し、多くの女性を悩ませてきたようです。
漢方では、PMS(月経前症候群)は、気・血・水のすべてのバランスが乱れている状態と考えます。気の異常「気滞」「気逆」、血の異常「お血(おけつ)」、水の異常「水毒」などが複合的に起こって、身体的症状や精神的症状を起こしている状態です。
漢方では、望診(顔色、皮膚、舌などの観察)、聞診(音声、呼吸音など)、切診(腹診、肌診、触診など)、問診(病歴、自覚症状聴取)を行い、気・血・水のどこに問題があるかを考慮し、処方する漢方薬を選びます。
■よく用いられる漢方薬
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
加味逍遥散(かみしょうようさん)
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
抑肝散(よくかんさん)
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
五苓散(ごれいさん)

漢方薬は一剤でいくつもの症状に効くことがあるため、PMS(月経前症候群)のような多彩な症状には特に有効です。
当クリニックを受診し、漢方薬の服用をおすすめします。
くらしの中の予防法
疲れをためないように、十分な睡眠をとりましょう。
入浴や軽い運動で血のめぐりを良くするよう心がけましょう。
食生活に気を付けましょう。マグネシウム不足にならないよう、
魚介類、海草類、大豆製品などをとり、ビタミンB6を多く含むバナナや
レバーなどの食品を積極的にとりましょう。逆に、脂肪、糖類、
動物性タンパク質は控え目に。過剰な塩分、カフェイン、アルコールも
控えた方が良いでしょう。
資料:株式会社ツムラ

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。

午前:10時?11時30分
午後: 2時? 5時

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時?4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:050-3794-0579

詳しくはこちらを御覧ください