神奈川県 横浜市 西区にある 漢方科 外来 糖尿病科 内科【ベイサイドクリニック】漢方を奨めたい病気|漢方、糖尿病をもっとよく知ろう。

ライン
ベイサイドクリニックトップ 漢方科 糖尿病科 内科 診療案内 交通案内 お問合せフォーム

漢方医学

ベイサイドクリニック 医療等のご紹介
漢方科
糖尿病
内科
診療案内

受診を希望される方

■午前診療混雑のため、診療(ご予約・変更・取り消し)に関するお問い合わせは、午後2時より5時の間にお願いします。

ベイサイドクリニックの問診票ダウンロード
問診票はこちらからダウンロードし、
ご記入してお持ち下さい。

問診票を開くには、Acrobat Readerがパソコンにインストールされている環境が必要です。
Acrobat Readerのインストールは
下記から行えます。
Adobe Reader ダウンロード

知っ得情報 肥満 漢方でダイエット

■ 肥満 漢方でダイエット
最近少々肥っているな・・・という人が多い。
30才を過ぎると3人に1人は「肥満」傾向にあるといわれています。
肥満か否かを判断する基準に内臓脂肪の蓄積具合から「メタボリックシンドローム」という基準でみる場合と、「BMI」という値を計算して判断する方法があります。
漢方でダイエット


「メタボリックシンドローム」は、
最近よく話題になりますね。
●ウエストの周囲経が
(内臓脂肪蓄積)
男性…85cm以上 
女性…90cm以上 
そして、
<プラス>以下のうち2項目以上に該当する人
1. 血清脂質異常
  トリグリセリド値…………150mg/dl以上
  HDLコレステロール値…40mg/dl未満
※いずれか、または両方
2. 高血圧
  最高血圧…………130mmHG以上
  最低血圧…………85mmHG以上
※いずれか、または両方
3. 高血糖
  空腹時血糖値…………110mg/dl以上
を、メタボリックシンドロームと言っています。
つまり「肥満」に該当する人です。

「BMI」は、WHO(世界保健機構)が定める国際基準です。
BMIは計算して25以上となる人が「肥満に」該当します。

BMIの計算式は、
   BMI=体重kg÷(身長m×身長m)

   (例)体重68kgで身長168cmの人の場合

      24.09=68÷(1.68×1.68)………となります。


BMI=22が基準値とされており、22に該当する人は、病気になる確立が最も低いという疫学調査によって導きだされました。
BMI 25〜30未満 肥満1度
30〜35未満 肥満2度
35〜40未満 肥満3度
   40以上 肥満4度

あなたが、メタボリックシンドロームかBMI=25以上に該当したら、BMI=22を目指して、
ダイエットに挑戦するしかありません。
基本は食事療法と運動療法です。
でも、囲りには美味な食べ物があふれ、車社会で歩くことが少なく、なかなか効果が上がらないのが現状でしょう。
ダイエットは、元の自分………自然状態を取り戻す戦いなのです。

人間には、本来、栄養過多状態になるとホルモンなどにより食欲の抑制やたまった脂肪を燃えやすくするような機能が働いて、過多状態が解消するように出来ています。
肥満は、この機能がうまく働かなくなった状態です。

当院では、食事と運動の基本に加えて漢方薬の作用により、人間本来の機能を回復させることを試みています。
メタボリックシンドロームの基準以下、BMI=22 を目指して・・・