神奈川県 横浜市 西区にある 漢方科 外来 糖尿病科 内科【ベイサイドクリニック】漢方を奨めたい病気|漢方、糖尿病をもっとよく知ろう。

ライン
ベイサイドクリニックトップ 漢方科 糖尿病科 内科 診療案内 交通案内 お問合せフォーム

漢方医学と西洋医学の技術の融合

ベイサイドクリニック 医療等のご紹介
漢方科
 ├漢方専門医が受診を奨める
 │   体調不良や病気

 ├漢方治療がとても効いた症例
 └医療用漢方製剤
漢方をもっとくわしく知ろう!
 ├漢方薬ってどんな薬?
 ├どんな診療をするの?
 ├漢方薬って煎じて飲むの?
 ├長期間飲み続けなければ効かない?
 ├漢方薬にも副作用があるの?
 ├漢方薬と西洋薬は、どこが違うの?
 └治療費はいくらくらい?
漢方ミニ知識
季節の病気と養生法
 ├冷房病
 ├風邪
 ├不安神経症
 ├花粉症
 ├高血圧症
 ├咳と喘息
 ├胃腸病
 ├
 └梅雨の漢方

受診を希望される方

■時間帯によりお電話がつながりにくい場合があります。平日の午後3時〜5時は比較的つながりやすいです。

ベイサイドクリニックの問診票ダウンロード
問診票はこちらからダウンロードし、
ご記入してお持ち下さい。

問診票を開くには、Acrobat Readerがパソコンにインストールされている環境が必要です。
Acrobat Readerのインストールは
下記から行えます。
Adobe Reader ダウンロード

糖尿病
内科
診療案内
ベイサイドクリニック交通案内
院長紹介

医療用漢方製剤


前へ 1 2 3 4 5 6 7

■ 桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)
効能又は効果 =比較的体力があり、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、
のぼせて足冷えなどを訴えるものの次の諸症:
月経不順、血の道症、にきび、しみ、手足のあれ

体力中等度もしくはそれ以上の人で、のぼせて赤ら顔のことが多く、下腹部に抵抗・圧痛を訴えるなどの
【*お血】の症状を認め(桂枝茯苓丸の使用目標)、さらに皮膚症状がある場合に用いる
1、肌のあれ、肝斑、ざそう、疣贅などの皮膚症状を伴う場合
2、頭痛、肩こり、めまい、のぼせ、足の冷えなどを伴う場合
3、無月経、過多月経、月経困難症などの月経異常のある婦人
*お血:漢方の一概念で、主として婦人科疾患、出血性疾患などに起こり、 静脈系のうっ血、出血などに関連した症候群をいう(日本医師会発行、医薬品カードより)
■ 麻子仁丸(マシニンガン)
効能又は効果 =便秘

体力中等度あるいはやや低下した人の習慣性便秘で、老人や病後の虚弱者に繁用される
1、大便は硬く、塊状を呈することが多い
■ 麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)
効能又は効果 =悪寒、微熱、全身倦怠、低血圧で頭痛、めまいあり、四肢に疼痛冷感あるものの次の諸症:
感冒、気管支炎

比較的体力の低下した人の悪寒を伴う発熱(微熱)を目標に用いる。脈は沈んで細く、力がないことが多い。
老人や虚弱者の感冒や気管支炎に繁用されている
1、無気力感、全身倦怠感などを伴う場合
2、頭痛、咳嗽、のどの痛み、クシャミ、水様性鼻汁、手足の冷え、痛みなどを伴う場合
■ 啓脾湯(ケイヒトウ)
効能又は効果 =やせて、顔色が悪く、食欲がなく、下痢の傾向があるものの次の諸症:
胃腸虚弱、慢性胃腸炎、消化不良、下痢

比較的体力の低下している人の下痢に用いられる。顔色は不良で、下痢は裏急後重を伴わず、
大便の性状は泥状ないしは水様である場合が多い
1、食欲不振、嘔吐、腹痛などを伴う場合
2、腹部が軟弱で、腹壁の緊張の弱い場合
■ 大承気湯(ダイジョウキトウ)
効能又は効果 =腹部がかたくつかえて、便秘するもの、あるいは肥満体質で便秘するもの
常習便秘、急性便秘、高血圧、神経症、食当り

体力の充実した人で、腹部特に臍を中心に充実して膨満感が強く、便秘する場合に用いる
1、不安、不眠、興奮などの精神症状を伴う場合
■ 桂枝加芍薬大黄湯(ケイシカシャクヤクダイオウトウ)
効能又は効果 =比較的体力のない人で、腹部膨満し、腸内の停滞感あるいは腹痛などを伴なうものの次の諸症:
1、急性腸炎、大腸カタル
2、常習便秘、宿便、しぶり腹

比較的体力の低下した人で、腹部膨満し、腹痛があり、裏急後重を伴う下痢または便秘のある場合に用いる
1、便意を催すが、快く排便しない場合
2、下剤服用後の腹痛
3、開腹術後に便の快通しない場合
■ 茵チン蒿湯(インチンコウトウ)
効能又は効果 =尿量減少、やや便秘がちで比較的体力のあるものの次の諸症:
黄疸、肝硬変症、ネフローゼ、じんましん、口内炎

比較的体力のある人で、上腹部より胸部にかけての膨満感、不快感を訴え、悪心、便秘を伴う場合に用いる
1、黄疸のある場合
2、口渇、尿量減少、皮膚そう痒感などを伴う場合
■ 清暑益気湯(セイショエッキトウ)
効能又は効果 =暑気あたり、暑さによる食欲不振・下痢・全身倦怠、夏やせ

比較的体力の低下した人で、食欲不振、全身倦怠感を訴える場合に用いる
1、軟便、尿量減少、自然発汗、手足の熱感などを伴う場合
2、いわゆる夏やせ、夏まけに多用される
■ 加味帰脾湯(カミキヒトウ)
効能又は効果 =虚弱体質で血色の悪い人の次の諸症:
貧血、不眠症、精神不安、神経症

体質虚弱な人が、顔色が悪く貧血気味で、精神不安、心悸亢進、不眠などの精神神経症状を訴え、
微熱のある場合に用いる
1、下血、吐血、鼻出血などを伴う場合
2、盗汗、全身倦怠感、食欲不振などを伴う場合
■ 桔梗湯(キキョウトウ)
効能又は効果 =咽喉がはれて痛む次の諸症:
扁桃炎、扁桃周囲炎

咽・喉部の炎症で、疼痛、腫脹、発赤がある場合に用いる
1、軽度の発熱、咳嗽、喀痰、嚥下困難などを伴うことが多い

前へ 1 2 3 4 5 6 7

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。(電話等による予約はいりません)

午前:10時〜11時30分
午後: 2時〜 5時(風邪外来は6時まで)

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:045-312-1151

詳しくはこちらを御覧ください

※当医院のに通院中、精密な検査や入院治療が必要になった場合、下記の病院と連携しております。
ページのトップへ