神奈川県 横浜市 西区にある 漢方科 外来 糖尿病科 内科【ベイサイドクリニック】漢方を奨めたい病気|漢方、糖尿病をもっとよく知ろう。

ライン
ベイサイドクリニックトップ 漢方科 糖尿病科 内科 診療案内 交通案内 お問合せフォーム

漢方医学と西洋医学の技術の融合

ベイサイドクリニック 医療等のご紹介
漢方科
 ├漢方専門医が受診を奨める
 │   体調不良や病気

 ├漢方治療がとても効いた症例
 └医療用漢方製剤
漢方をもっとくわしく知ろう!
 ├漢方薬ってどんな薬?
 ├どんな診療をするの?
 ├漢方薬って煎じて飲むの?
 ├長期間飲み続けなければ効かない?
 ├漢方薬にも副作用があるの?
 ├漢方薬と西洋薬は、どこが違うの?
 └治療費はいくらくらい?
漢方ミニ知識
季節の病気と養生法
 ├冷房病
 ├風邪
 ├不安神経症
 ├花粉症
 ├高血圧症
 ├咳と喘息
 ├胃腸病
 ├
 └梅雨の漢方

受診を希望される方

■時間帯によりお電話がつながりにくい場合があります。平日の午後3時〜5時は比較的つながりやすいです。

ベイサイドクリニックの問診票ダウンロード
問診票はこちらからダウンロードし、
ご記入してお持ち下さい。

問診票を開くには、Acrobat Readerがパソコンにインストールされている環境が必要です。
Acrobat Readerのインストールは
下記から行えます。
Adobe Reader ダウンロード

糖尿病
内科
診療案内
ベイサイドクリニック交通案内
院長紹介

医療用漢方製剤


前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ次へ

■ 通導散(ツウドウサン)
効能又は効果 =比較的体力があり下腹部に圧痛があって便秘しがちなものの次の諸症:
月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)

体格、体力ともに充実した人で、心窩部が苦しく圧痛を訴え、【*お血】があり、便秘する場合に用いる
1、桃核承気湯に比べ、精神神経症状がより激しい場合
2、頭痛、のぼせ、不眠、不安などの精神神経症状を伴う場合
3、月経不順、月経困難症などのある婦人
*お血:漢方の一概念で、主として婦人科疾患、出血性疾患などに起こり、静脈系のうっ血、出血などに関連した症候群をいう (日本医師会発行、医薬品カードより)
■ 温経湯(ウンケイトウ)
効能又は効果 =手足がほてり、唇がかわくものの次の諸症:
月経不順、月経困難、こしけ、更年期障害、不眠、神経症、湿疹、足腰の冷え、しもやけ

比較的体力の低下した冷え症の人で、手掌のほてり、口唇の乾燥、下腹部の冷え、痛みなどを訴える場合に用いる
1、性器出血、月経異常、不妊などのある婦人
2、上記症状は、性周期に関連して消長することが多い
■ 牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)
効能又は効果 =疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少または多尿で時に口渇がある次の諸症:
下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ

比較的体力の低下した人あるいは老人で腰部および下肢の脱力感、冷え、しびれなどがあり、
排尿の異常(特に夜間の頻尿)を訴える場合に用いる
1、上腹部にくらべて下腹部が軟弱無力の場合(臍下不仁)
2、多尿、頻尿、乏尿、排尿痛などを伴う場合
3、疲労倦怠感、腰痛、口渇などを伴う場合
■ 人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)
効能又は効果 =病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血

病後・術後あるいは慢性疾患などで疲労衰弱している場合に用いる
1、全身倦怠感、顔色不良、食欲不振などを伴うことが多い
2、慢性疾患で、微熱、悪寒、咳嗽などを伴う場合
■ 小柴胡湯加桔梗石膏(ショウサイコトウカキキョウセッコウ)
効能又は効果 =咽喉がはれて痛む次の諸症:
扁桃炎、扁桃周囲炎

体力中等度の人で、微熱があり、心窩部より季助部にかけての苦満感、圧迫感(胸脇苦満)、
食欲不振などを訴える場合に用いる
1、上気道の亜急性ないし慢性の炎症性疾患
■ 立効散(リッコウサン)
効能又は効果 =抜歯後の疼痛、歯痛

歯痛、歯齦痛および口腔内の腫脹・疼痛に用いる
■ 清心蓮子飲(セイシンレンシイン)
効能又は効果 =全身倦怠感があり、口や舌が乾き、尿が出しぶるものの次の諸症:
残尿感、頻尿、排尿痛

平素より胃腸虚弱で比較的体力の低下した人が、排尿困難、残尿感、排尿痛などを訴える場合に用いる
1、冷え症で神経質の人が多い
2、慢性の泌尿器疾患に伴う場合
■ 猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)
効能又は効果 =皮膚が枯燥し、色つやの悪い体質で胃腸障害のない人の次の諸症:
排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿

体力中等度前後の人で、頻尿、残尿感、排尿痛などの排尿障害が慢性化したり、反復して起こる場合に用いる
■ 三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)
効能又は効果 =比較的体力があり、のぼせ気味で、顔面紅潮し、精神不安で、
便秘の傾向のあるものの次の諸症:
高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症

体格・体力ともに充実した人が、のぼせ気味で顔面紅潮し、便秘を訴える場合に用いる
1、気分がいらいらして落ちつかず、精神不安や不眠を訴える場合
2、心窩部の膨満感を訴える場合
3、鼻出血、下血などのある場合。ただし、出血が長びいて貧血の著しい場合には用いない
■ 柴苓湯(サイレイトウ)
効能又は効果 =吐き気、食欲不振、のどのかわき、排尿が少ないなどの次の諸症:
水瀉性下痢、急性胃腸炎、暑気あたり、むくみ

体力中等度の人で、心窩部より季助部にかけての苦満感、ならびに抵抗・圧痛(胸脇苦満)があり、尿量減少、
浮腫、口渇などを伴う場合に用いる
■ 胃苓湯(イレイトウ)
効能又は効果 =水瀉性の下痢、嘔吐があり、口渇、尿量減少を伴う次の諸症:
食あたり、暑気あたり、冷え腹、急性胃腸炎、腹痛

体力中等度の人で、心窩部に振水音を認め、水様性の下痢、嘔吐を呈する場合に用いる
1、腹部膨満感、軽度の腹痛、尿量減少などを伴う場合
■ 茯苓飲合半夏厚朴湯(ブクリョウインゴウハンゲコウボクトウ)
効能又は効果 =気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、時に動悸、めまい、嘔気、胸やけなどがあり、
尿量の減少するものの次の諸症:
不安神経症、神経性胃炎、つわり、溜飲、胃炎

体力中等度あるいはやや低下した人で、抑うつ状態を呈し、咽喉部の異物感、胃部膨満感を訴える場合に用いる
1、めまい、動悸、悪心、心窩部振水音などを伴う場合
■ 茵チン五苓散(インチンゴレイサン)
効能又は効果 =のどが渇いて、尿が少ないものの次の諸症:
嘔吐、じんましん、二日酔のむかつき、むくみ

体力中等度の人で、口渇、尿量減少、浮腫があり、軽度の黄疸を伴う場合に用いる
■ 苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ)
効能又は効果 =腰に冷えと痛みがあって、尿量が多い次の諸症:
腰痛、腰の冷え、夜尿症

比較的体力が低下した人で、腰部より下肢にかけての冷えが顕著で、頻尿を訴える場合に用いる
1、冷えのために腰下肢に疼痛を訴えることもある
■ 苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)
効能又は効果 =貧血、冷え症で喘鳴を伴う喀痰の多い咳嗽があるもの
気管支炎、気管支喘息、心臓衰弱、腎臓病

比較的体力が低下し、冷え症で貧血傾向にある人の、喘鳴、咳嗽、喀痰、水様性鼻汁などを呈する場合に用いる
1、胃腸虚弱で、麻黄剤の服用により胃障害などを呈する場合
2、疲労倦怠感、動悸、息切れ、浮腫などを伴う場合
3、腹部が軟弱で、心窩部に振水音を認める場合
■ 黄連湯(オウレントウ)
効能又は効果 =胃部の停滞感や重圧感、食欲不振のあるものの次の諸症:
急性胃炎、二日酔、口内炎

体力中等度以上の人で、上腹部痛、悪心、嘔吐があり、心窩部に抵抗の認められる場合に用いる
1、心窩部の停滞感や重圧感、食欲不振などを伴う場合
2、舌に黄色苔、又は白苔があり、口臭を伴う場合
■ 三物黄ゴン湯(サンモツオウゴントウ)
効能又は効果 =手足のほてり

体力中等度あるいはそれ以上の人で、手足の熱感のある場合に用いる
1、手足の熱感が夜間に特に著しく、安眠できない場合
2、口渇を伴う場合
3、手掌、足蹠の熱感、そう痒感、乾燥、発赤などを伴う場合
■ 排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)
効能又は効果 =患部が発赤、腫脹して疼痛をともなった化膿症、瘍、面疔

体力中等度前後の人の化膿性皮膚疾患及び歯槽膿漏、歯齦炎などに用いる
■ 当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)
効能又は効果 =疲労しやすく、血色のすぐれないものの次の諸症:
月経痛、下腹部痛、痔、脱肛の痛み

体力の低下した人で、疲労しやすく、顔色不良、手足の冷えがあり、下腹部や腰の痛みを訴える場合に用いる
1、性器出血、痔出血などを伴う場合
2、腹部が軟弱で、両側の腹直筋が攣急している場合
3、主として、上記症状を持つ婦人に用いられる
■ 川キュウ茶調散(センキュウチャチョウサン)
効能又は効果 =かぜ、血の道症、頭痛

体力の強弱にかかわりなく、感冒などの初期にみられる頭痛や特発性の頭痛に用いる
1、感冒では初期で、頭痛の他、悪寒、発熱、関節痛などのある場合

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ次へ

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。(電話等による予約はいりません)

午前:10時〜11時30分
午後: 2時〜 5時(風邪外来は6時まで)

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:045-312-1151

詳しくはこちらを御覧ください

※当医院に通院中、精密な検査や入院治療が必要になった場合、下記の病院と連携しております。