神奈川県 横浜市 西区にある 漢方科 外来 糖尿病科 内科【ベイサイドクリニック】漢方を奨めたい病気|漢方、糖尿病をもっとよく知ろう。

ライン
ベイサイドクリニックトップ 漢方科 糖尿病科 内科 診療案内 交通案内 お問合せフォーム

漢方医学と西洋医学の技術の融合

ベイサイドクリニック 医療等のご紹介
漢方科
 ├漢方専門医が受診を奨める
 │   体調不良や病気

 ├漢方治療がとても効いた症例
 └医療用漢方製剤
漢方をもっとくわしく知ろう!
 ├漢方薬ってどんな薬?
 ├どんな診療をするの?
 ├漢方薬って煎じて飲むの?
 ├長期間飲み続けなければ効かない?
 ├漢方薬にも副作用があるの?
 ├漢方薬と西洋薬は、どこが違うの?
 └治療費はいくらくらい?
漢方ミニ知識
季節の病気と養生法
 ├冷房病
 ├風邪
 ├不安神経症
 ├花粉症
 ├高血圧症
 ├咳と喘息
 ├胃腸病
 ├
 └梅雨の漢方

受診を希望される方

■時間帯によりお電話がつながりにくい場合があります。平日の午後3時〜5時は比較的つながりやすいです。

ベイサイドクリニックの問診票ダウンロード
問診票はこちらからダウンロードし、
ご記入してお持ち下さい。

問診票を開くには、Acrobat Readerがパソコンにインストールされている環境が必要です。
Acrobat Readerのインストールは
下記から行えます。
Adobe Reader ダウンロード

糖尿病
内科
診療案内
ベイサイドクリニック交通案内
院長紹介

医療用漢方製剤


前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ次へ

■ 小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)
効能又は効果 =体力中等度の次の諸症:
妊娠嘔吐(つわり)、そのほかの諸病の嘔吐(急性胃腸炎、湿性胸膜炎、水腫性脚気、蓄膿症)

体力中等度の人で、悪心、嘔吐を主訴とする場合に用いる
1、嘔吐は少しずつ何回も吐き、吐いたあとも悪心の残るようなものである
2、心窩部のつかえ感、めまい、動悸などを伴う場合

■ 消風散(ショウフウサン)
効能又は効果 =分泌物が多く、かゆみの強い慢性の皮膚病(湿疹、蕁麻疹、水虫、あせも、皮膚そうよう症)

比較的体力のある人の慢性の皮膚疾患で、患部に熱感があって、多くは湿潤し、
そうようのはなはだしい場合に用いる
1、頑固な皮疹で、分泌物があって痂皮を形成し、その外見が汚穢で地肌に赤味を帯び、口渇を訴える場合
2、皮膚の病変が夏期にむかって、増悪する傾向のある場合
■ 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
効能又は効果 =筋肉が一体に軟弱で疲労しやすく、腰脚の冷えやすいものの次の諸症:
貧血、倦怠感、更年期障害(頭重、頭痛、めまい、肩こり等)、月経不順、月経困難、不妊症、動悸、慢性腎炎、
妊娠中の諸病(浮腫、習慣性流産、痔、腹痛)、脚気、半身不随、心臓弁膜症

比較的体力の低下した成人女子に用いられることが多く、一般に冷え症で貧血傾向があり、
性周期に伴って軽度の浮腫、腹痛などを呈する場合に用いる
1、全身倦怠感、四肢冷感、頭痛、めまい、耳鳴、肩こり、心悸亢進などの症状を訴える場合
2、無月経、過多月経、月経困難など、月経異常のある婦人
■ 加味逍遙散(カミショウヨウサン)
効能又は効果 =体質虚弱な婦人で肩がこり、疲れやすく、精神不安などの精神神経症状、
ときに便秘の傾向のある次の諸症:
冷え症、虚弱体質、月経不順、月経困難、更年期障害、血の道症

比較的虚弱な人で疲労しやすく、精神不安、不眠、イライラなどの精神神経症状を訴える場合に用いる
1、肩こり、頭痛、めまい、上半身の灼熱感、発作性の発汗などを伴う場合
2、心窩部・季助部に軽度の抵抗・圧痛のある場合(胸脇苦満)
3、性周期に関連して上記精神神経症状を訴える場合
■ 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
効能又は効果 =体格はしっかりしていて赤ら顔が多く、腹部は大体充実、下腹部に抵抗のあるものの次の諸症:
子宮並びにその付属器の炎症、子宮内膜炎、月経不順、月経困難、帯下、更年期障害(頭痛、めまい、のぼせ、
肩こり等)、冷え症、腹膜炎、打撲傷、痔疾患、睾丸炎

体力中等度もしくはそれ以上の人で、のぼせて赤ら顔のことが多く、下腹部に抵抗・圧痛を訴える場合に用いる。
【*お血】に伴う諸症状に用いる
1、頭痛、肩こり、めまい、のぼせ、足の冷えなどを伴う場合
2、無月経、過多月経、月経困難など月経異常のある婦人
*お血:漢方の一概念で主として婦人科疾患、出血性疾患などに起こり、静脈系のうっ血、出血などに関連した症候群をいう。 (日本医師会発行、医薬品カードより)
■ 桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)
効能又は効果 =下腹直腹筋に緊張のある比較的体力の衰えているものの次の諸症:
小児夜尿症、神経衰弱、性的神経衰弱、遺精、陰萎

体質虚弱な人で、やせて顔色悪く、神経過敏あるいは精神不安などを訴える場合に用いる
1、陰萎、遺精などを訴える場合
2、易疲労感、盗汗、手足の冷えなどを伴う場合
3、腹部が軟弱無力で臍傍に大動脈の拍動を触知する場合
■ 麻黄湯(マオウトウ)
効能又は効果 =悪寒、発熱、頭痛、腰痛、自然に汗の出ないものの次の諸症:
感冒、インフルエンザ(初期のもの)、関節リウマチ、喘息、乳児の鼻閉塞、哺乳困難

平素から丈夫で体力充実した人の【*熱性疾患】の初期で、頭痛、発熱、悪寒、腰痛、四肢の関節痛などがあり、
自然発汗のない場合に用いる
1、喘鳴、咳嗽などを伴う場合
2、乳幼児の感冒で、鼻閉塞のある場合
*効能・効果参照
■ 越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)
効能又は効果 =浮腫と汗が出て小便不利のあるものの次の諸症:
腎炎、ネフローゼ、脚気、関節リウマチ、夜尿症、湿疹

比較的体力のある人で、浮腫、発汗傾向、口渇があり、尿量減少する場合に用いる
1、四肢関節の腫脹、疼痛、熱感などのある場合
■ 麦門冬湯(バクモンドウトウ)
効能又は効果 =痰の切れにくい咳、気管支炎、気管支ぜんそく

体力中等度の人もしくはそれ以下の人の激しい咳嗽で、発作性に咳が頻発して顔面紅潮する場合に用いる
1、粘稠で切れにくい痰を伴う場合
2、咽喉の乾燥感や違和感のある場合
3、上記の症状を伴う老人の咳嗽
■ 真武湯(シンブトウ)
効能又は効果 =新陳代謝の沈衰しているものの次の諸症:
胃腸疾患、胃腸虚弱症、慢性腸炎、消化不良、胃アトニー症、胃下垂症、ネフローゼ、腹膜炎、脳溢血、
脊髄疾患による運動ならびに知覚麻痺、神経衰弱、高血圧症、心臓弁膜症、心不全で心悸亢進、半身不随、
リウマチ、老人性そうよう症

新陳代謝が低下して体力虚弱な人で、全身倦怠感や四肢の冷感があり、下痢、腹痛などを訴える場合に用いる
1、本方の下痢は、裏急後重を伴わない
2、めまい、身体動揺感、心悸亢進などを伴う場合
■ 呉茱萸湯(ゴシュユトウ)
効能又は効果 =手足の冷えやすい中等度以下の体力のものの次の諸症:
習慣性偏頭痛、習慣性頭痛、嘔吐、脚気、衝心

比較的体力の低下した冷え症の人で、反復性に起こる激しい頭痛を訴える場合に用いる
1、項や肩のこり、嘔吐などを伴う場合
2、心窩部に膨満感、痞塞感あるいは振水音を認める場合
■ 人参湯(ニンジントウ)
効能又は効果 =体質虚弱の人、或いは虚弱により体力低下した人の次の諸症:
急性・慢性胃腸カタル、胃アトニー症、胃拡張、悪阻(つわり)、萎縮腎

比較的体力の低下した冷え症の人で、食欲不振、胃部停滞感、下痢などの胃腸機能が低下している場合に用いる
1、胃腸衰弱、倦怠感、尿が稀薄で量が多い、口中にうすい唾液がたまるなどの症状を伴う場合
2、腹部が軟弱無力で振水音のある場合
■ 大黄牡丹皮湯(ダイオウボタンピトウ)
効能又は効果 =比較的体力があり、下腹部痛があって、便秘しがちなものの次の諸症:
月経不順、月経困難、便秘、痔疾

比較的体力の充実した人で、下腹部が緊張し、抵抗・圧痛があり、便秘する人で【*お血】を伴う場合
1、月経困難、過多月経などの月経異常のある場合
*お血:漢方の一概念で、主として婦人科疾患、出血性疾患などに起こり、静脈系のうっ血、出血などに関連した症候群をいう。 (日本医師会発行、医薬品カードより)
■ 白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)
効能又は効果 =のどの渇きとほてりのあるもの

比較的体力のある人で、体がほてり、口渇のある場合に用いる
1、多尿、皮膚そうよう感などを伴う場合
■ 四逆散(シギャクサン)
効能又は効果 =比較的体力のあるもので、大柴胡湯証と小柴胡湯証との中間証を表すものの次の諸症:
胆嚢炎、胆石症、胃炎、胃酸過多、胃潰瘍、鼻カタル、気管支炎、神経質、ヒステリー

体力中等度もしくはそれ以上の人で、【※胸脇苦満】腹直筋の攣急があり、イライラ、不眠、
抑うつ感などの精神神経症状を訴える場合に用いる
1、腹痛、腹部膨満感、動悸などを伴う場合
※胸脇苦満:心窩部より季助部にかけて苦満感を訴え、抵抗・圧痛の認められる症状を言う
■ 木防已湯(モクボウイトウ)
効能又は効果 =顔色がさえず、咳をともなう呼吸困難があり、心臓下部に緊張圧重感があるものの心臓、
あるいは、腎臓にもとづく疾患、浮腫、心臓性喘息

比較的体力の低下した人が、心窩部がつかえて硬く、呼吸困難、浮腫、動悸などを訴える場合に用いる
1、口渇、尿量減少などを伴う場合
■ 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)
効能又は効果 =胃腸虚弱で下肢が冷え、めまい、頭痛などがある者

比較的体力の低下した胃腸虚弱な人が、冷え症で、持続性のあまり激しくない頭痛、頭重感、
めまいなどを訴える場合に用いる
1、悪心、嘔吐、食欲不振、全身倦怠感などを伴う場合
2、腹部が軟弱で、心窩部に振水音を認める場合
■ 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)
効能又は効果 =手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなり易いものの次の諸症:
しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛

平素より冷え症で体質虚弱な人が、寒冷のため手足が冷えて痛み、下腹部痛や腰痛などを訴える場合に用いる
1、頭痛、悪心、嘔吐などを伴う場合
2、下腹部や腰部に外科的手術の既往があって上記の症状を呈する場合にも多く用いられる
■ 苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)
効能又は効果 =めまい、ふらつきがあり、または動悸があり尿量が減少するものの次の諸症:
神経質、ノイローゼ、めまい、動悸、息切れ、頭痛

比較的体力の低下した人で、めまい、身体動揺感、たちくらみなどを訴える場合に用いる
1、息切れ、心悸亢進、頭痛、のぼせ、尿量減少などを伴う場合
2、心窩部に振水音を認める場合
■ 猪苓湯(チョレイトウ)
効能又は効果 =尿量減少、小便難、口渇を訴えるものの次の諸症:
尿道炎、腎臓炎、腎石症、淋炎、排尿痛、血尿、腰以下の浮腫、残尿感、下痢

頻尿、残尿感、排尿痛、血尿などの排尿障害のある場合に用いる

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ次へ

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。(電話等による予約はいりません)

午前:10時〜11時30分
午後: 2時〜 5時(風邪外来は6時まで)

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:045-312-1151

詳しくはこちらを御覧ください

※当医院に通院中、精密な検査や入院治療が必要になった場合、下記の病院と連携しております。