神奈川県 横浜市 西区にある 漢方科 外来 糖尿病科 内科【ベイサイドクリニック】漢方を奨めたい病気|漢方、糖尿病をもっとよく知ろう。

ライン
ベイサイドクリニックトップ 漢方科 糖尿病科 内科 診療案内 交通案内 お問合せフォーム

漢方医学と西洋医学の技術の融合

ベイサイドクリニック 医療等のご紹介
漢方科
 ├漢方専門医が受診を奨める
 │   体調不良や病気

 ├漢方治療がとても効いた症例
 └医療用漢方製剤
漢方をもっとくわしく知ろう!
 ├漢方薬ってどんな薬?
 ├どんな診療をするの?
 ├漢方薬って煎じて飲むの?
 ├長期間飲み続けなければ効かない?
 ├漢方薬にも副作用があるの?
 ├漢方薬と西洋薬は、どこが違うの?
 └治療費はいくらくらい?
漢方ミニ知識
季節の病気と養生法
 ├冷房病
 ├風邪
 ├不安神経症
 ├花粉症
 ├高血圧症
 ├咳と喘息
 ├胃腸病
 ├
 └梅雨の漢方

受診を希望される方

■時間帯によりお電話がつながりにくい場合があります。平日の午後3時〜5時は比較的つながりやすいです。

ベイサイドクリニックの問診票ダウンロード
問診票はこちらからダウンロードし、
ご記入してお持ち下さい。

問診票を開くには、Acrobat Readerがパソコンにインストールされている環境が必要です。
Acrobat Readerのインストールは
下記から行えます。
Adobe Reader ダウンロード

糖尿病
内科
診療案内
ベイサイドクリニック交通案内
院長紹介

医療用漢方製剤


1 2 3 4 5 6 7 次へ次へ

■ 葛根湯(カッコントウ)
効能又は効果 =自然発汗がなく頭痛、発熱、悪寒、肩こり等を伴う比較的体力はあるものの次の諸症:
感冒、鼻かぜ、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎・角膜炎・中耳炎・扁桃腺炎・乳腺炎・リンパ腺炎)、肩こり、上半身の神経痛、じんましん

比較的体力のある人で、炎症性あるいは疼痛性疾患の初期、あるいは慢性疾患(効能・効果参照)の急性増悪期に用いる。
1、感冒などの熱性疾患では、初期で悪寒、発熱、頭痛、項背部のこわばりなどがあって、
  自然発汗を伴わない場合
2、疼痛性疾患では、局所の疼痛、腫脹、発赤などを訴えろ場合
3、患部が発赤、腫脹、強いそう痒感を伴う場合

■ 葛根湯加川キュウ辛夷(カッコントウカセンキュウイシン)
効能又は効果 =鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎

比較的体力のある人で、鼻閉、鼻漏、後鼻漏などの鼻症状を訴え、これら症状がとくに慢性化した場合に用いる
1、頭痛、頭重、項背部のこわばりなどを伴う場合

■ 乙字湯(オツジトウ)
効能又は効果 =病状がそれほど激しくなく、体力が中位で衰弱していないものの諸症:
キレ痔、イボ痔

体力中等度の人の痔疾患で、症状のあまり激しくないものに用いる
1、便秘の傾向のある場合
2、肛門または陰部の疼痛やそうようを伴う場合
3、軽度の出血を伴う場合
■ 安中散(アンチュウサン)
効能又は効果 =やせ型で腹部筋肉が弛緩する傾向にあり、胃痛または腹痛があって、
ときに胸やけ、げっぷ、食欲不振、はきけなどを伴う次の諸症:
神経性胃炎、慢性胃炎、胃アトニー

やせ型で比較的体力の低下した人の慢性に経過する胃痛や胸やけのある場合に用いる
1、食物の消化が悪く、心窩部膨満感、悪心、嘔吐などを訴える場合
2、腹部は軟弱で、心窩部の振水音を認める場合

■ 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)
効能又は効果 =化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期、じんましん、急性湿疹、水虫

体力中等度の人の皮膚疾患で、患部は散発性あるいは、びまん性の発疹で覆われ、
滲出液の少ない場合に用いる
1、患部に化膿を伴うかあるいは化膿をくり返す場合
2、季助下部に軽度の抵抗・圧痛を認める場合
■ 八味地黄丸(ハチミジオウガン)
効能又は効果 =疲労、倦怠感著しく、尿利減少または頻数、口渇し、
手足に交互的に冷感と熱感のあるものの次の諸症:
腎炎、糖尿病、陰萎、坐骨神経痛、腰痛、脚気、膀胱カタル、前立腺肥大、高血圧

中年以降特に老齢者に頻用され、腰部および下肢の脱力感・冷え・しびれなどがあり、
排尿の異常(特に夜間の頻尿)を訴える場合に用いる
1、上腹部に比べて下腹部が軟弱無力の場合(臍下不仁)
2、多尿、頻尿、乏尿、排尿痛などを伴う場合
3、疲労倦怠感、腰痛、口渇などを伴う場合
■ 大柴胡湯(ダイサイコトウ)
効能又は効果 =比較的体力のある人で、便秘がちで、上腹部が張って苦しく、耳鳴り、
肩こりなど伴うものの次の諸症:
胆石症、胆のう炎、黄疸、肝機能障害、高血圧症、脳溢血、じんましん、胃酸過多症、
急性胃腸カタル、悪心、嘔吐、食欲不振、痔疾、糖尿病、ノイローゼ、不眠症

体格・体力ともに充実した人で、【※胸脇苦満】が強く、便秘する場合に用いる
1、悪心、嘔吐、季助部の苦満感などを伴う場合
2、肩こり、頭痛、頭重、めまい、耳鳴りなどを伴う場合
※胸脇苦満:心窩部より季助部にかけて苦満感を訴え、抵抗・圧痛の認められる症状をいう
■ 小柴胡湯(ショウサイコトウ)
効能又は効果
1.体力中等度で上腹部がはって苦しく、舌苔を生じ、口中不快、食欲不振、
時により微熱、悪心などのあるものの諸症:
諸種の急性熱性病、肺炎、気管支炎、感冒、胸膜炎・肺結核などの結核性諸疾患の補助療法、
リンパ腺炎、慢性胃腸障害、産後回復不全
2.慢性肝炎における肝機能障害の改善

体力中等度の人で【※胸脇苦満】のある場合に用いる
1、熱性疾患では食欲不振、口中不快感などを伴う場合
2、【※胸脇苦満】の認められる諸種慢性疾患(効能・効果参照)
3、食欲不振、全身倦怠感などを伴う諸種慢性疾患(効能・効果参照)
4、虚弱な小児に用いる
※胸脇苦満:心窩部より季助部にかけて苦満感を訴え、抵抗・圧痛の認められる症状をいう
■ 柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)
効能又は効果 =発熱汗出て、悪寒し、身体痛み、頭痛、はきけのあるものの次の諸症:
感冒・流感・肺炎・肺結核などの熱性疾患、胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胆のう炎・胆石・
肝機能障害・膵臓炎などの心下部緊張疼痛

熱性疾患では、急性期を経てなお頭痛、悪寒、関節痛、食欲不振などのある場合に用いる
【*慢性疾患】では、心窩部より季助部にかけて苦満感を訴え、抵抗・圧痛が認められ【※胸脇苦満】、
腹直筋の攣急を伴う場合に用いる
1、心窩部の苦満感、食欲不振、腹痛などを伴う場合
2、精神不安、不眠などの精神神経症状を伴う場合
※胸脇苦満:心窩部より季助部にかけて苦満感を訴え、抵抗・圧痛の認められる症状をいう
*効能・効果参照
■ 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)
効能又は効果 =体力が弱く、冷え症、貧血気味で、動悸、息切れがあり、神経過敏のものの次の諸症:
更年期障害、血の道症、神経症、不眠症

比較的体力の低下した人で、顔色がすぐれず、疲労倦怠感があり、動悸、息切れ、
不眠などの精神神経症状を伴う場合に用いる
1、心窩部より季助下部にかけての軽度の苦満感【※胸脇苦満】を訴える場合
2、悪寒、微熱、盗汗、口渇などを伴う場合
※胸脇苦満:心窩部より季助部にかけて苦満感を訴え、抵抗・圧痛の認められる症状をいう
■ 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
効能又は効果 =比較的体力があり、心悸亢進症、不眠、いらだち等の精神症状のあるものの次の諸症:
高血圧症、動脈硬化症、慢性腎臓病、神経衰弱症、神経性心悸亢進症、てんかん、
ヒステリー、小児夜啼症、陰萎

比較的体力のある人で、精神不安、不眠、いらいらなどの精神神経症状があり、
【※胸脇苦満】のある場合
1、頭痛、頭重、肩こりなどを伴う場合
2、臍傍に腹部大動脈の拍動の亢進を認める場合
※胸脇苦満:心窩部より季助部にかけて苦満感を訴え、抵抗・圧痛の認められる症状をいう
■ 半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)
効能又は効果 =みぞおちがつかえ、ときに悪心、嘔吐があり食欲不振で腹が鳴って軟便
または下痢の傾向のあるものの次の諸症:
急・慢性胃腸カタル、醗酵性下痢、消化不良、胃下垂、神経性胃炎、胃弱、二日酔、げっぷ、
胸やけ、口内炎、神経症

体力中等度の人で、心窩部の膨満感、腹中雷鳴があり、悪心、嘔吐、
下痢などを訴える場合に用いる
1、食欲不振、軽度の上腹部痛などを伴う場合
2、不安・不眠などの精神神経症状を伴う場合
■ 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
効能又は効果 =比較的体力があり、のぼせ気味で、いらいらする傾向のあるものの次の諸症:
喀血、吐血、下血、脳溢血、高血圧、心悸亢進、ノイローゼ、皮膚そうよう症、胃炎

体力中等度もしくはそれ以上の人で、のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安、不眠、
いらいらなどの精神神経症状を訴える場合に用いる
1、心窩部の膨満感を訴える場合
2、喀血、吐血、下血などの出血を伴う場合
■ 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)
効能又は効果 =気分がふさいで、咽喉、食道部に異物感があり、ときに動悸、
めまい、嘔気などを伴う次の諸症:
不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声、神経性食道狭窄症、不眠症

体力中等度以下の人で、顔色がすぐれず、神経症的傾向があり、
咽喉が塞がる感じ(いわゆるヒステリー球)を訴える場合に用いる
1、気分がふさぎ、不眠、動悸、精神不安などを訴える場合
2、呼吸困難、咳嗽、胸痛などを伴う場合
3、心窩部の振水音を伴う場合
■ 五苓散(ゴレイサン)
効能又は効果 =口渇、尿量減少するものの次の諸症:
浮腫、ネフローゼ、二日酔、急性胃腸カタル、下痢、悪心、嘔吐、めまい、
胃内停水、頭痛、尿毒症、暑気あたり、糖尿病

口渇ならびに尿利減少を主目標として用いる
1、浮腫、悪心、嘔吐、頭痛、めまいなどの症状を伴う場合
2、心窩部の振水音を認める場合
■ 桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)
効能又は効果 =関節痛、神経痛

冷え症で比較的体力の低下した人が、四肢関節の疼痛、腫脹、
四肢の運動障害などを訴える場合に用いる
1、関節痛があり、寒冷により増悪する場合
2、微熱、盗汗、朝の手のこわばり、尿量減少などを訴える場合
■ 小青竜湯(ショウセイリュウトウ)
効能又は効果
1、下記疾患における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙
気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒
2、気管支炎

体力中等度の人で、喘鳴、咳嗽、呼吸困難、鼻症状などを訴える場合に用いる
1、泡沫水様性の痰、水様性鼻汁、くしゃみなどを伴う場合
2、心窩部に振水音を認める場合
■ 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)
効能又は効果 =色白で筋肉軟らかく水ぶとりの体質で疲れやすく、汗が多く、
小便不利で下肢に浮腫をきたし、膝関節の腫痛するものの次の諸症:
腎炎、ネフローゼ、妊娠腎、陰嚢水腫、肥満症、関節炎、癰、筋炎、
浮腫、皮膚病、多汗症、月経不順

比較的体力が低下し色白で筋肉軟らかく、いわゆる水ぶとり体質の人が、
全身倦怠感、多汗傾向を訴える場合に用いる
1、浮腫、尿量減少、関節(とくに膝関節)の腫脹・疼痛などを伴う場合

1 2 3 4 5 6 7 次へ次へ

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。

午前:10時〜11時30分
午後: 2時〜 5時(風邪外来は6時まで)

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:050-3794-0579

詳しくはこちらを御覧ください

※当医院に通院中、精密な検査や入院治療が必要になった場合、下記の病院と連携しております。