季節の病気と養生法

漢方専門医による漢方治療。健康保険で漢方薬を処方しています。

高血圧症

高血圧症で、最も注意しなければならないのが、脳卒中という発作です。この発作の発生の発生率を一年を通してみますと11月半ば過ぎから増えはじめ、4月半はころまでが多く、とくに12月から3月までに約7割が集中しています。波が4日以上続いたときや雷雨時、前線の通過前は、血液のめぐりが悪くなりがちですので、要注意です。
そして脳卒中は、睡眠不足と過食、肥満、首や肩のこり、精神的ストレスが誘因となります。
漢方の食養法では、淤血(汚れた血)を浄化し、首のうしろ側を柔軟にすることを目的とします。冬場に血圧が高く、首や肩こり、首のうしろ側に赤斑や吹き出物ができたときは、とくに注意が必要です。

食物療法

コレステロールを増やすような食品は避けましょう

カニ、エビ、ホタテ貝、肉類(とくに脂肪の多い)、チーズなどの過食を控えましょう。
コレステロールを減らし、血液浄化を促す緑黄色野菜やシイタケ、キクラゲ、コンブ(塩抜きして)タマネギ、にんにくなどを多く摂りましょう。

血圧を下げる食品を摂りましょう

トマト、セロリ、柿には血圧を下げる作用もあります。

予防と養生法

自分の血圧上昇パターンを知っておきましょう

血圧は一日中一定ではなく、人によって上昇する時間帯が異なります。多くの人は明け方から午前八時ことがピークになりますが、人によっては夕方、夜がピークになることもあります。自分の血圧上昇パターンを良く知って、その時間に薬をのんだり、リラックスすることが大事です。

首や肩を柔軟にしましょう

朝起きたときから首や肩がこっている人は、首にタオルを巻いて寝ると朝が楽になります。

株式会社 ツムラ なるほどなっとく漢方薬より
【執筆】根本幸夫 (総合漢方研究会医学堂会長)

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方(発熱、風邪症状、新型コロナ感染疑いを除く)は、下記の時間内にお越し下さい。
(電話等による予約はいりません)
ただし、土曜日は完全予約制です。
予約外での受診はできません。
新型コロナウィルス対策として待合室の密をできるだけ避けるため、火曜日から金曜日に受診いただくようお願いいたします。

午前:10時〜11時30分
午後:14時〜17時

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:
045-312-1151

糖尿病内科を初めて受診したい方はインターネットから予約ができます。

糖尿病科 新患専用 インターネット予約

からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック
からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック
冷え性と漢方
  • 冷え性と漢方
  • 初めて受診を希望される方
  • 500円(ワンコイン)糖尿病検診
  • 500円(ワンコイン)血液年齢チェック
お問い合わせ
初めて受診を希望される方