季節の病気と養生法

漢方専門医による漢方治療。健康保険で漢方薬を処方しています。

不安神経症

漢方では、神経系はみな気の働きを考えています。気とは、大きな意味で言うとエネルギー全体を、狭い意味でいうと、おもに精神面に関するエネルギーのことをさいています。
気の働きが乱れる原因としては、生活上の大きなストレスのほか、日常の食生活、女性の生理周期、気候変化などが、大きく関係していると考えられています。実際、精神病患者の約50%は天候過敏症です。歴史上有名な猟奇事件は、陽気が上がりはじめる2.3月(犬や猫がさがりがつくころ)にしばしば起こっていますし、陽気が盛んな5月には、若い人の5月病が増えます。

食物療法

漢方では、食物と精神の関係を、大変重視しています。
たとえば、甘味が多い→憂、意志が弱くなる、辛味が多い→悲、涙しやすい、塩味が多い→恐、ショックを受けやすいといった具合です。
日本やアメリカで今、問題になっているのが、砂糖(甘)やスナック菓子の摂りすぎです。
このようなことが根気のない、すぐにプッツンしやすい、情緒不安定になりやすい子供だちをつくりだした主要原因とも考えられるようになってきました。

不安を解消し、気を調和するのに効果がある食べ物

百合根と紫蘇の葉のスープ、ごま、クルミ(少量)、シナモン(少量)、金針菜、タマネギ

逆に悪化させる食べ物

砂糖、肉類、唐辛子の過食

予防と養生法

睡眠不足は絶対避けましょう

睡眠不足は脳の疲れが取れず、精神不安になりやすいからです。とくに生理の前や春先には注意が必要です。
特に不眠症でイライラしやすい人は、寝る前にカルシウム剤を飲むのも一法です。

のぼせ症の人は足先を温めましょう

のぼせ症の人はとにかく足が冷えているものです。足先などを温めると、上にのぼった陽気が下がるようになります。

不安材料になる話は聞かないようにしましょう

不安やイライラの直接の原因は、耳から入ることが多いので、不安の材料になることをいう人とはるべく話をしないようにしましょう。

神経が落ち着く香りを楽しみましょう

ラベンダーやレモンの香りは、効果があります。

株式会社 ツムラ なるほどなっとく漢方薬より
【執筆】根本幸夫 (総合漢方研究会医学堂会長)

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方(発熱、風邪症状、新型コロナ感染疑いを除く)は、下記の時間内にお越し下さい。
(電話等による予約はいりません)
ただし、土曜日は完全予約制です。
予約外での受診はできません。
新型コロナウィルス対策として待合室の密をできるだけ避けるため、火曜日から金曜日に受診いただくようお願いいたします。

午前:10時〜11時30分
午後:14時〜17時

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:
045-312-1151

糖尿病内科を初めて受診したい方はインターネットから予約ができます。

糖尿病科 新患専用 インターネット予約

からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック
からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック
冷え性と漢方
  • 冷え性と漢方
  • 初めて受診を希望される方
  • 500円(ワンコイン)糖尿病検診
  • 500円(ワンコイン)血液年齢チェック
お問い合わせ
初めて受診を希望される方