神奈川県 横浜市 西区にある 漢方科 外来 糖尿病科 内科【ベイサイドクリニック】漢方を奨めたい病気|漢方、糖尿病をもっとよく知ろう。

ライン
ベイサイドクリニックトップ 漢方科 糖尿病科 内科 診療案内 交通案内 お問合せフォーム

漢方医学と西洋医学の技術の融合

ベイサイドクリニック 医療等のご紹介
漢方科
 ├漢方専門医が受診を奨める
 │   体調不良や病気

 ├漢方治療がとても効いた症例
 └医療用漢方製剤
漢方をもっとくわしく知ろう!
 ├漢方薬ってどんな薬?
 ├どんな診療をするの?
 ├漢方薬って煎じて飲むの?
 ├長期間飲み続けなければ効かない?
 ├漢方薬にも副作用があるの?
 ├漢方薬と西洋薬は、どこが違うの?
 └治療費はいくらくらい?
漢方ミニ知識
季節の病気と養生法
 ├冷房病
 ├風邪
 ├不安神経症
 ├花粉症
 ├高血圧症
 ├咳と喘息
 ├胃腸病
 ├
 └梅雨の漢方

受診を希望される方

■時間帯によりお電話がつながりにくい場合があります。平日の午後3時〜5時は比較的つながりやすいです。

ベイサイドクリニックの問診票ダウンロード
問診票はこちらからダウンロードし、
ご記入してお持ち下さい。

問診票を開くには、Acrobat Readerがパソコンにインストールされている環境が必要です。
Acrobat Readerのインストールは
下記から行えます。
Adobe Reader ダウンロード

糖尿病
内科
診療案内
ベイサイドクリニック交通案内
院長紹介

漢方をもっとくわしく知ろう!

漢方薬にも副作用があるの?

漢方薬には副作用(好ましくない作用)がないと思われている方が多いようです。
西洋薬に比べて副作用の頻度は少ないのですが、
やはり副作用が起こる例があります。

副作用では間質性肺炎というのがありますが、1から2万人に1人程度の頻度のようです。
寒気がしない発熱、空咳、息苦しさなどの症状が、漢方薬を飲みはじめてから出てきましたらすぐに飲むのを止めて医師に相談して下さい。風邪に似ているのでご注意下さい。
また、甘草をいう生薬が配合された漢方薬で偽アルドステロン症が起こり、血圧が高くなったりむくんだりする場合がありますが、これも通常の処方では、1000人に1人程度のようです。そのほか、高齢の男性が麻黄が配合された漢方薬を飲むと尿の出が悪くなることがあります。
アレルギー性の 肝障害も1000人に1人程度に出現するので、時々血液検査をすることをおすすめしています。
漢方薬を飲むことによって発疹、食欲低下、動悸など異変が感じられた場合はすぐに医師に相談して下さい。

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。

午前:10時〜11時30分
午後: 2時〜 5時(風邪外来は6時まで)

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:050-3794-0579

詳しくはこちらを御覧ください

※当医院の漢方外来に通院中、精密な検査や入院治療が必要になった場合、下記の病院と連携しております。