漢方薬ミニ知識

漢方専門医による漢方治療。健康保険で漢方薬を処方しています。

胃の不快感

大切なのは胃のリラクゼーション

胃は、体調や感情の影響を受けやすく、運動機能が低下しやすいデリケートな臓器です。
胃がもたれる、腹部膨満感、食欲不振、吐き気、きりきりと痛む、胸焼けなどの胃の不快な症状には、胃に強い炎症や潰瘍などがなく、胃の運動機能が低下して起こるタイプ(NUD)と、ピロリ菌やストレス、消炎鎮痛剤などの服用によって、胃酸と自分の胃を胃酸で溶かさないための防御機能とのバランスが崩れて胃の粘膜が傷つき起こるタイプがあります。

胃には、食べ物が胃に入ると、胃が大きく膨らんで一時的に食べ物を貯える「貯留機能」、胃酸を混ぜ合わせて消化する「攪拌・混和機能」、蠕動・収縮によって十二指腸に送り出す「排出機能」などの複雑な運動機能があります。

胃もたれや腹部膨満感は、胃が十分にリラックスできず、本来ゴムのように伸縮し摂取した食物の量に応じて胃壁を広げるはずの胃が機能しないため、未消化の食べ物が胃に停滞して起こります。
胃の痛みや胃のもたれ、むかつきなどの背後には、胃がんをはじめ、さまざまな内臓疾患の可能性がありますので、早めに医師に相談しましょう。

胃の不快感と漢方薬(漢方薬の使い方)

西洋薬には、胃の貯留機能(リラクゼーション)を改善させる薬はありません。漢方薬の六君子湯には、胃のリラクゼーションを助けて貯留機能を正常に戻す働きがあります。
また、排出機能を高め、胃の血流を改善して胃の粘膜を保護する作用もあります。
さらに、六君子湯には胃の運動機能を低下させるストレスを緩和する効果もあり、慢性的な胃腸虚弱の人に適した薬です。
漢方薬は個人の体質、症状に合わせて薬を使い分けます。
六君子湯
(リックンシトウ)
体力のない人で、貧血や身体の冷えがあり、食欲不振の場合
安中散
(アンチュウサン)
冷え症で腹痛や下痢がある場合
半夏瀉心湯
(ハンゲシャシントウ)
体力があり、みずおちに痛みがある場合

予防のために

  1. 暴飲暴食を避け、規則正しい食生活をしましょう。
  2. 食べ物をよくかんで、ゆっくり食べましょう。
  3. 牛乳、卵、豆腐などを積極的にとりましょう。繊維の多い野菜はよく煮てやわらかくし、消化をよくしましょう。肉や魚は細かく切るかミンチに。
  4. 強いアルコール、カフェインを多く含む飲み物、香辛料などの刺激物や、胃の貯留時間が長い油性食品は控えましょう。
  5. タバコは本数を減らすか、禁煙しましょう。

資料:株式会社ツムラ

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方(予約外での受診希望者)は、下記の時間内にお越し下さい。
(電話等による予約はいりません)

午前:10時〜11時30分※ただし土曜は午前のみ
午後: 2時〜 5時(風邪外来は6時まで)

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:
045-312-1151

からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック
からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック