漢方薬ミニ知識

漢方専門医による漢方治療。健康保険で漢方薬を処方しています。

不眠

心地よい眠りのために

不眠とは、睡眠障害の一種で、よく眠れない、一睡もできない、眠りが浅く何度も目が覚めるなどで苦痛を感じる状態をいいます。睡眠には個人差があります。また、長時間寝ても寝足りないと感じる場合も、短時間でも十分眠れたと感じる場合もあります。

日中の眠気に困らなければ十分。単に睡眠時間の長さだけではなく、朝目覚めたときに満足感が得られるのが、「質の良い睡眠」といえるのです。眠らなければというストレスや不安で、また眠れないという悪循環を起こすケースも。

不眠を引き起こすのは、室温や騒音、光、時差などの外的要因、薬物の副作用やアルコールなどの薬理学的要因、不安神経症やうつ病などの精神医学的要因、睡眠時呼吸機能障害、痛みや痒みを伴う疾患や睡眠時ミオクローヌス、更年期障害などの身体的要因、ストレスなどの心理的要因などが考えられています。

不眠の4タイプ

  • 入眠障害(寝つきが悪い)
  • 中途覚醒(寝ている間に何度も目が覚める)
  • 熟睡障害(眠りが浅く夢が多く、十分寝たはずなのに眠った気がしない)
  • 早朝覚醒(朝早く目が覚めて、その後眠れない)

不眠と漢方薬(漢方薬の使い方)

漢方薬は、睡眠薬のように飲めばすぐに眠くなるものではなく、不眠の背景にある心身のバランスの崩れを改善し、自然な眠りが訪れるよう調節するものです。個人の体質や症状によって薬を使い分けます。
酸棗仁湯
(サンソウニントウ)
高齢者など体力の低下した人で心身が疲れて眠れない場合
抑肝散
(ヨクカンサン)
神経がたかぶっている場合
抑肝散加陳皮半夏
(ヨクカンサンカチンピハンゲ)
虚弱体質で神経がたかぶっている場合

予防のために

  1. 起床時刻を一定にしましょう。
  2. 三度の食事をきちんと取り、規則的な運動習慣をつけましょう。
  3. 就寝前にぬるめのお風呂にゆっくり浸かりリラックスしましょう。
  4. 柔らかすぎる敷きふとんや重すぎる掛けふとんは避けましょう。
  5. 就寝前のカフェインの入った緑茶、紅茶、コーヒーなどの刺激物は避けましょう。アルコールはほどほどにしましょう。
  6. ラベンダー、カモミールなどのリラックスできるといわれる香りを取り入れてみましょう。

資料:株式会社ツムラ

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。

午前:10時〜11時30分
午後: 2時〜 5時(風邪外来は6時まで)

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:
045-312-1151

からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック
からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック