漢方薬ミニ知識

漢方専門医による漢方治療。健康保険で漢方薬を処方しています。

変形性膝関節症

あきらめずに早めに対応しましょう

変形性膝関節症は、更年期以降の中高年女性に多く見られ、とくに体重の重い人はなりやすい病気です。膝関節のクッションである軟骨や半月板が加齢とともにすり減ったり、変形したりして、膝の関節に炎症や痛みを引き起こします。

肥満や筋力の衰え、脚に負担をかける無理な運動、O脚や偏平足、足に合わない靴なども原因とされています。 特徴として、朝起きたときの歩き始めや階段の昇降時に痛みがあります。進行すると、膝の曲げ伸ばしが困難になり、正座ができなくなったり、水がたまって腫れることも。変形が強ければ外科手術が必要な場合もあります。

変形性膝関節症は、原因によって一次性のものと二次性のものとに大別されます。大半は原因不明の一次性といわれています。

変形性膝関節症の原因

  • 一次性変形性膝関節症(原因がはっきりと特定できないもので、老化による筋肉の衰えや肥満、環境など色々な要因が加わって発症するもの)…加齢、肥満、女性ホルモン、筋力の低下、膝に負担がかかる運動、激しい労働、足に合わない靴など
  • 二次性変形性膝関節症(外傷や病気などで関節が変形したり機能障害を起こしたもの)…膝周辺の骨折による関節軟骨の損傷、靭帯や半月板の損傷、膝関節のねんざ、膝蓋骨の脱臼、慢性関節リウマチなど

変形性膝関節症と漢方薬(漢方薬の使い方)

症状の軽いうちには、日常生活のきめ細かな指導、運動療法や理学療法に加えて、痛みを軽減し、全身状態を改善する漢方治療が適している場合があります。たとえば防已黄耆湯には、痛みを抑え、体内の水分バランスを整え、むくみ(関節水腫)を取り去る作用があります。漢方薬はその人の体質、症状に合わせて処方を使い分ける薬です。
防已黄耆湯
(ボウイオウギトウ)
体力が中程度以下で、筋力が低下し、色白の水太りタイプで、疲れやすい場合
桂枝加朮附湯
(ケイシカジュツブトウ)
虚弱体質で冷えやすく、胃腸が弱い場合
越婢加朮湯
(エッピカジュツトウ)
がっちりして胃腸が丈夫で、膝に熱を持ち痛みが強い場合

予防のために

  1. 膝に負担をかけないように、食生活を改善し、体重を減らす努力をしましょう。
  2. 歩行時に杖や装具などを利用して膝の負担を減らしましょう。
  3. ウォーキングや簡単な体操などで、弱っている大腿四頭筋や股関節周囲の筋肉を鍛えましょう。水中歩行訓練も有効です。
  4. 長時間の立ち仕事や正座は膝に負担がかかるので避けましょう。
  5. サポーターなどを利用して、膝を冷やさないようにしましょう。
  6. お風呂で筋肉をマッサージし、血行を良くしましょう。
  7. 足に合った靴を選びましょう。

資料:株式会社ツムラ

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。(電話等による予約はいりません)

午前:10時〜11時30分
午後: 2時〜 5時(風邪外来は6時まで)

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:
045-312-1151

からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック
からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック