漢方薬ミニ知識

漢方専門医による漢方治療。健康保険で漢方薬を処方しています。

風邪(かぜ)は引きはじめが肝心

しっかり対応しましょう

風邪(かぜ)には、ぞくぞくと寒気を感じる風邪(かぜ)と発熱して汗をかき口やのどが渇く風邪(かぜ)などいろいろな種類があります。
鼻水、鼻づまり、咳、発熱、のどの痛み、全身倦怠感、腹痛や下痢など症状もさまざまです。風邪(かぜ)の原因の大部分は、呼吸器のウイルス感染です。

体調不良や栄養不良で体が弱っているところに、鼻やのど、気管などの粘膜にウイルスが侵入し、増殖して発病します。
風邪(かぜ)は万病のもと。こじれると気管支炎や肺炎などを併発することもあります。

風邪(かぜ)かなと思ったら、たかが風邪(かぜ)と軽く考えず、早期に治療することが大切です。とくに高齢者は、風邪(かぜ)がもとで慢性病が悪化したり、さまざまな重い病気にかかる可能性があるので注意が必要です。

風邪(かぜ)を引き起こす要因

  • 寒さ・暑さなどの温度変化
  • ウイルス
  • 睡眠不足・栄養不足

風邪(かぜ)と漢方薬(漢方薬の使い方)

西洋薬では、風邪(かぜ)に対する特効薬はなく、熱を下げる、細菌を殺す、咳を抑えるなどの対症療法になりますが、これらの薬は、胃が弱い人には胃腸障害を起こすことがあります。
風邪(かぜ)は漢方の得意分野。漢方では、風邪(かぜ)の諸症状を治すだけでなく、抵抗力・免疫力を高めて、風邪(かぜ)を引きにくい体質に改善することができるのです。

とくに体力が低下して起こる高齢者の風邪(かぜ)には効果的です。

病態と体質に合っていれば、即効性のある薬です。
また、飲んでも眠くならないため、仕事や勉強にも差し支えません。風邪(かぜ)の時期に加えて、個人の体質、症状によって薬を使い分けます。

葛根湯
(カッコントウ)
風邪(かぜ)の初期に。胃腸が丈夫で、発汗はなく、頭痛、首や背中のこりが強い場合
麻黄湯
(マオウトウ)
体力があり、汗はなく、関節痛、腰痛などがある場合
小青竜湯
(ショウセイリュウトウ)
顔色が青白く、くしゃみ、鼻水をともなう場合
桂枝湯
(ケイシトウ)
体力がなく、胃腸が弱く、熱があって自然に汗をかいている場合
麻黄附子細辛湯
(マオウブシサイシントウ)
冷え症で、顔色が悪く強い悪寒があり、全身倦怠感、鼻水がある場合
麦門冬湯
(バクモンドウトウ)
風邪(かぜ)が長引き、痰は少ないが、激しい咳発作がある場合

予防のために

  1. 外から帰ったら、手洗い・うがいをする習慣をつけましょう。
  2. 加湿器や洗濯物を室内に干すなど、部屋の湿度を上げる努力をしましょう。
  3. 暖かいふとんに入り、睡眠を十分にとって安静にしましょう。
  4. 毎日乾布まさつをして、抵抗力をつけましょう。
  5. 風邪(かぜ)を引きやすい人は、必要以上に人ごみに出かけないようにしましょう。
  6. バランスの取れた食事をしましょう。とくに消耗した体力を回復させるため、肉、魚、卵、大豆製品などのたんぱく質を多くとりましょう。また、ビタミンCには、ウイルス感染を予防し治療する力がありますので、多くとりましょう。

資料:株式会社ツムラ

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。

午前:10時〜11時30分
午後: 2時〜 5時(風邪外来は6時まで)

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:
045-312-1151

からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック
からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック