漢方薬ミニ知識

漢方専門医による漢方治療。健康保険で漢方薬を処方しています。

肥満

肥満は万病のもと、やせやすい体を作りましょう

「肥満」とは、体に必要以上に脂肪が蓄積した状態のことをいいます。肥満には、男性に多く見られる内臓脂肪型肥満(りんご型肥満)と女性に多く見られる皮下脂肪型肥満(洋なし型肥満)があります。

内臓脂肪とは内臓の周囲につく脂肪のことで、ウエストや胃のあたりが太いのが特徴です。脂肪がつきやすく落ちやすいとされています。
皮下脂肪とは皮膚のすぐ下に蓄積される脂肪のことで、下腹部や腰周り、お尻、ふとももなど下半身が太るのが特徴です。
脂肪がつきにくく落ちにくいとされています。内臓脂肪型肥満は、人によっては外見だけでは分からないこともあります。

肥満は万病のもと。とくに中年以降の太りすぎは、膝の関節を傷めて歩行に影響が出ることもあります。内臓脂肪が必要以上に増えてくると、体内のさまざまな代謝に異常をきたし、糖尿病、高脂血症、高血圧、心臓病、痛風、肝臓病などの生活習慣病を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。
脂肪を減らすには、食事の改善と適度な運動、そして生活習慣の改善が大切です。

  • 内臓脂肪型肥満……内臓の周囲に脂肪が付くタイプで、いわゆる「ビール腹」。中高年の男性に多く見られる
  • 皮下脂肪型肥満……下腹部や腰まわり、お尻などの下半身で、皮膚のすぐ下に脂肪がつくタイプ。女性に多く見られる

肥満と漢方薬(漢方薬の使い方)

漢方では、比較的体力があり筋肉質でがっしりとした「固太りタイプ」の肥満と、比較的体力がなくむくみやすい「水太りタイプ」の肥満の大きく2つのタイプに分け、それぞれの症状や体力に合った薬を考えます。
固太りタイプは内臓脂肪が多く、水太りタイプは皮下脂肪が多いのが特徴です。
とくに肥満改善によく使われる防風通聖散は、皮下脂肪だけでなく内臓脂肪を燃焼させ、肥満を解消しやすい体質を作るのに有効な薬です。
防風通聖散
(ボウフウツウショウサン)
固太りで腹部に脂肪が多くつき、便秘がある場合
防已黄耆湯
(ボウイオウギトウ)
色白、水太りで、汗かきで疲れやすく、膝の腫れや痛みがある場合

予防のために

  1. 食事療法 過剰なカロリー摂取は避け、腹八分目を守り、バランスのとれた規則正しい食事をとりましょう。脂肪や砂糖、揚げ物などを控え、ビタミンやミネラルを多く含む緑黄色野菜や海草、きのこなどを多く取ることが大切です。
  2. 運動療法 ウォーキング、ジョギング、水泳、自転車などの運動を無理なく続けましょう。有酸素運動は糖分・脂肪を燃やしてくれるので効果的です。

資料:株式会社ツムラ

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。(電話等による予約はいりません)

午前:10時〜11時30分
午後: 2時〜 5時(風邪外来は6時まで)

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:
045-312-1151

からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック
からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック