神奈川県 横浜市 西区にある 漢方科 外来 糖尿病科 内科【ベイサイドクリニック】漢方を奨めたい病気|漢方、糖尿病をもっとよく知ろう。

ライン
ベイサイドクリニックトップ 漢方科 糖尿病科 内科 診療案内 交通案内 お問合せフォーム

漢方医学

ベイサイドクリニック 医療等のご紹介
漢方科
 ├漢方専門医が受診を奨める
 │   体調不良や病気

 ├漢方治療がとても効いた症例
 └医療用漢方製剤
漢方をもっとくわしく知ろう!
 ├漢方薬ってどんな薬?
 ├どんな診療をするの?
 ├漢方薬って煎じて飲むの?
 ├長期間飲み続けなければ効かない?
 ├漢方薬にも副作用があるの?
 ├漢方薬と西洋薬は、どこが違うの?
 └治療費はいくらくらい?
漢方ミニ知識
季節の病気と養生法
 ├冷房病
 ├風邪
 ├不安神経症
 ├花粉症
 ├高血圧症
 ├咳と喘息
 ├胃腸病
 ├
 └梅雨の漢方

受診を希望される方

■時間帯によりお電話がつながりにくい場合があります。平日の午後3時〜5時は比較的つながりやすいです。

ベイサイドクリニックの問診票ダウンロード
問診票はこちらからダウンロードし、
ご記入してお持ち下さい。

問診票を開くには、Acrobat Readerがパソコンにインストールされている環境が必要です。
Acrobat Readerのインストールは
下記から行えます。
Adobe Reader ダウンロード

糖尿病
内科
診療案内
ベイサイドクリニック交通案内
院長紹介

漢方 体質チェックシート

気・血・水のバランス?

漢方では身体の中を「気、血、水」が全身すみずみまでバランスよく巡っていると健康な身体であると考えられています。
「最近、ちょっと調子が悪いかな」と感じるときは、気、血、水のどこかにゆがみがでているかもしれません。以下の項目で是非チェックしてみましょう。

チェックが多いところが、あなたの体調不良の原因となる項目かも知れません。
漢方科受診をお勧めします。


1、気の異常チェック

(1)気虚…生命活動の根源的エネルギーである気が足りないタイプです。
顔色が悪い、白っぽい
疲れやすく、いつもだるい
食欲がない、少食である
かぜをひきやすい
トイレの回数が多い、夜もトイレに起きる
下痢をしやすい、便がやわらかい
声が小さく、ぼそぼそと話す
息切れがする、動悸がする
冷えを強く感じる
舌がむくんで大きくなり、歯形がつく

消化が良く、身体を温める食材を使った食事と、十分な休息や睡眠をとりながら、気の生成に関わる内臓である腎、脾、肺の衰えを回復させる漢方薬を服用します。

(2)気滞…気のめぐりが悪く、身体のどこかで気が停滞しているタイプ。
怒りっぽい、すぐにカーッとなる
いつも憂うつで、落ち込みやすい
おなかが張って、痛い
痛む場所が変わる、あちこち痛む
げっぷやおならが多い
せきが出たり、ぜんそくになったりする
頭痛やめまいがする
ためいきをつくことが多い
月経不順になりやすい
月経前や月経中に下腹部や乳房の張りがある

気の流れを良くする食材を使った食事と、リラックスできる時間を作りながら、気のうっ滞を改善し気を巡らすようにする漢方薬を服用します。



2、血の異常チェック

(1)血虚…血の質と量が足りないタイプです。
顔色が悪く、唇や舌が白っぽい
立ちくらみやめまいがする
動悸や不整脈がある
目が乾いて疲れやすい、目がかすむ
つめが白っぽくなり、すじが入る
こむらがえりを起こしやすい
手足がしびれることがある
皮膚がかさかさしている
月経困難症があり、痛むこともある
月経の出血量が少なく、周期は遅れがち

血をつくる食材を使った食事をとりながら、血を生成させる漢方薬を服用します。

(2)お血…血の流れが低下し、身体のどこかで血が停滞しているタイプです。
顔色や唇、歯茎が黒っぽく、目の下にクマができやすい
吹き出物や湿疹がでやすい
肌が荒れて、シミやそばかすが多い
皮膚に細かい血管のすじが浮き出てくる
肩こりなど、からだの一部がいつも痛い
痛い部分を押すと、より痛くなる
手足が冷える
舌が紫色や濁った赤色になる
月経困難症があり、強い痛みがある
月経の出血量が多く、血のかたまりが出る

新陳代謝を高める食事や運動などで、生活習慣を改善するようにしながら、血行を改善させる漢方薬を服用します。



3、水の異常チェック

(1)痰湿…身体の中で一定の部位に水が停滞し、水が流れていないタイプ。
全身がいつも重く、だるい
顔や手足にむくみがある
痰(たん)がからんでせきが多い
いつも頭が重い
めまいや吐き気がある
太り気味、ぽちゃぽちゃした水太り
水のような鼻水が出る
便がやわらかく、下痢しやすい
舌苔(ぜったい)がぶ厚い
舌がむくんで大きくなり、歯形がつく

水分のとりすぎや冷えを避け、
適度な運動をしながら水の滞りを改善する漢方薬を服用します。

(2)陰虚…身体の中の水が足りず、いつも熱さを感じるタイプです。
顔のうち、頬は赤っぽい
肌や髪が乾燥している
のぼせがある
声がかれて、からせきが出る
目が乾き、おちくぼんでくる
夕方から微熱が出る
夜に手足がほてる
のどが渇き、冷たい飲料水を好む
便がかたく、便秘がちである
舌は赤っぽく、ひび割れている

水分を補う果物や野菜をとり、辛いものを避け、漢方薬を服用します。

チェック数
「気の異常」:
0

「血の異常」:
0

「水の異常」:
0

チェックが多いところが、あなたの体調不良の原因項目かも知れません。漢方科受診をお勧めします。

該当したらベイサイドクリニックで検査診断を

当院での受診を希望される方へ

体調が悪くてすぐに受診したい方は、下記の時間内にお越し下さい。

午前:10時〜11時30分
午後: 2時〜 5時(風邪外来は6時まで)

※火曜日は午後のみです。

予約患者様優先で診察しておりますので、待ち時間が長くなりますこと、ご了承下さい。

※2回目以降の受診は、予約診療です。必ず、次回の診療日時を予約して下さい。

診察担当医を指定したい方、受診日時を指定したい方は、お電話で予約してください。最も早く受診できる日時をご案内いたします。

※綾部 原子 医師(皮膚科専門医・漢方専門医)の外来診療(金曜日:午後2時〜4時)は、完全予約制です。必ずお電話で予約して下さい。

予約受付 TEL:050-3794-0579

詳しくはこちらを御覧ください

※当医院に通院中、精密な検査や入院治療が必要になった場合、下記の病院と連携しております。