健康保険が使える漢方治療、専門医による糖尿病治療

健康保険が使える漢方治療、専門医による糖尿病治療

漢方科・内科・総合診療科

内科・漢方内科・消化器内科・漢方婦人科・皮膚科・
アレルギー科・リウマチ科・漢方泌尿器科
古方派の流れをくむ漢方専門医で、
あわせて総合内科専門医などの
専門医資格をもつ医師が診療しています。
病状に応じ、漢方薬と西洋薬をバランス良く併用し、
患者さま一人ひとりに合った治療をしていきます。
保険診療です。副作用研究にも取り組んでおります。
NEWS

当院の糖尿病外来は ①5分で血糖とHbA1cを測定 ②専門医・療養指導医による診察 ③土日診療が可能です。(要予約)/ 東京女子医大東洋医学研究所・横浜労災病院での外来のため、院長外来は毎週木曜日午後と第4金曜日午後がお休みです。

  • 漢方科担当医
  • 糖尿病科担当医
  • 院長紹介

当院からのお知らせ

2018 年 1 月 24 日
1ヵ月で妊娠し出産

数ヶ月タイミング取ったが妊娠せず、初期流産も1回ありの方。漢方飲んで1ヵ月で自然妊娠。先日無事出産されたと嬉しいしらせ(院長)

2017 年 12 月 28 日
非定型抗酸菌症の75歳女性

漢方を続けて咳と痰が減少、CRP値も低下しました。呼吸機能も保たれ痰の培養も菌が陰性化しました(院長)

2017 年 12 月 12 日
がん治療を漢方薬が支持

がん治療における倦怠感・食欲不振・筋肉痛・関節痛・しびれなどへの漢方薬の効果が知られています。当院でもパクリタキセルによる関節痛に麻黄湯が有効であった例を報告させていただきました。

2017 年 11 月 18 日
慢性腎臓病(CKD)に漢方薬

学会誌に軽度腎機能障害への漢方薬の効果が掲載されましたが、当院でも漢方薬の効果を実感できる例があります。内科的に良い治療薬がない場合もありますので、漢方薬で改善できれば有り難いですね(院長)

2017 年 9 月 18 日
漢方の発がん性などを主張する記事に反論します

週刊誌に取り上げられ患者さまからも質問を受けました。実は記事の元になった論文に反論する論文をここ1ヵ月書いていました。勉強すればするぼど元論文の矛盾点、科学的誤りが数多く明らかになってきましたが、主な点は以下の2つです。
1.特定の実験で毒性が示された濃度は、漢方薬服用で到達可能な濃度の100倍以上
2.漢方生薬自体の発がん性・生殖毒性を示すデータは存在しません

 当院からは漢方の副作用に関して毎年論文が出ていますので、その他の副作用に関しても最新の(細心の)注意をはらうよう心がけております(院長)

2017 年 7 月 21 日
育児のお悩みに

2歳の子のかんしゃくが強くて大変というお悩み。お母さんに漢方薬のんでもらったところ、母児ともに改善。母乳を通じた効果が考えられます。

2017 年 7 月 12 日
アトピーへの漢方

綾部先生(漢方皮膚科)の処方ですが、皮膚に特別に方向性を持っていない漢方薬で良くなる例があります。私も勉強になります(院長)

2017 年 6 月 29 日
口内扁平苔癬に

漢方薬9ヵ月でかなりきれいになりました(院長)

2017 年 6 月 16 日
糖尿病性腎症

腎症に漢方薬開始して2年。尿蛋白2+ →1+ →± と減少しています(院長)

2017 年 6 月 15 日
8年来の股関節痛に

臼蓋形成不全に伴う痛みで歩行困難になり仕事を辞めざるをえなかった58歳女性。漢方薬4ヵ月で歩行時も全く痛みの無い状態になりました(院長)


前ページへ】【次ページへ

お願い

当院には、精神科の診療を担当する医師がおりません。
したがいまして、統合失調症や躁うつ病、パーソナリティー障害などの精神疾患については、治療をお引き受けすることができません。
しかし、心身症、パニック障害、抑うつ状態などの身体症状については、漢方治療が有効な場合もございます。判断に迷う場合には一度受診していただき、面談のうえ、医師が個別に漢方治療の可否を判断させていただきます。よろしくお願いいたします。

からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック
からふだを癒やす漢方 東西医学による総合診療 ベイサイドクリニック